京都でLINE広告運用!Lステップの設定方法

LINE公式アカウントを運用しているのでしたら、Lステップを導入してマーケティング効率を高めていきましょう。Lステップとは、ステップ配信や返信の自動化、顧客情報の一元管理などができる便利なツールです。実際に導入し、集客や売上が向上した事例があります。京都でLINE広告運用の代行をする会社「インプレス」が、Lステップの設定方法や導入にかかる費用について詳しく解説していきます。

【京都】LINE広告運用代行会社が教えるLステップの設定方法

現在、LINE公式アカウントのみを運用しているという企業には、よりマーケティングの幅が広がるLステップの導入をおすすめします。まずは、Lステップに搭載された機能について見ていきましょう。また、Lステップの設定方法もご説明いたします。

【京都のLINE広告運用代行会社】機能

携帯を持つ手

LINE広告運用にあたってLステップを導入することで、以下のような機能を活用できます。

ステップ配信

ステップ配信とは、事前に設定したシナリオ通りに情報を配信することです。登録した顧客に対して最初のメッセージを送った後、商品やサービスの特徴や魅力を解説するメッセージを定期的に送付します。一度ステップ配信の設定をしておけば、その後は全て自動で送付できるので、手間をかけずにマーケティングの効率をアップさせられます。

セグメント配信

顧客の年齢層や居住エリア、興味など属性を絞って情報配信をするセグメント配信の機能もあります。

顧客に合った製品やサービスを紹介したり、購入者にアフターフォローをしたりとピンポイントでマーケティングを行えば、効果はより高まりやすくなります。

自動応答

顧客からの相談などのメッセージに対して、自動で返信をする機能も活用してみましょう。あらかじめキーワードを絞ってメッセージを設定しておくことで、顧客の質問や相談に自動で返答することが可能となります。

分析

LステップにはURLのクリック計測や流入経路分析、行動スコアリングなどの各種顧客管理機能や分析機能が備わっています。分析機能を活用すれば、メッセージ送信後の訪問率やアクセス回数などから顧客の分類を行えます。

事例に応じたより効率のいい集客方法を模索したいときや、反応の多い顧客に優先的に情報を配信したいときには、分析機能を有効活用しましょう。

「成功事例を見てLステップに興味を持った」「Lステップの機能を使いたい」「Lステップの運用はプロに任せたい」という方は、インプレスにご相談ください。知識を活かして、最適なプランをご提案させていただきます。また、親しみがあるデザイン、わくわくするデザイン、ストレスなく見てもらえるデザインなどの制作を得意としています。

【京都のLINE広告運用代行会社】設定方法

パソコンと携帯

Lステップの登録にはいくつかの段階が必要です。まずは、既に登録済みのLINE公式アカウントの情報を準備しましょう。続いて、以下の方法で設定を進めていきます。

Lステップの契約をする

Lステップを使用するときには、LINE公式アカウントとは別の登録が必要となります。まずはLステップのWebサイトにアクセスして、申し込み画面に移動しましょう。

Lステップには3つのプランが用意されています。どのプランにも30日のお試し期間が設定されているので、それぞれの会社に合ったプランを選びましょう。

選んだプランの機能が足りない場合、後からプランのアップグレードができます。ただし、プロプランを選んでからスタンダードプランにダウングレードすることはできないので注意が必要です。

 

Lステップの申し込み画面に全ての情報を入力し、支払いのためのクレジットカード情報を記載すれば、Lステップの申し込みが完了します。

LINE公式アカウントとLステップを紐付ける

Lステップとは、LINE公式アカウントの機能を拡張したツールです。申し込みが完了したら、あらかじめ取得してあるLINE公式アカウントとLステップを紐付けていきましょう。

まずは、LINEのオフィシャルアカウントメンバーサイト(LINE Business ID入力サイト)にログインします。ログイン後に設定画面を開き、Messaging APIの欄から「Messaging APIを利用する」を選択しましょう。続いてプロバイダ入力欄が開くので、社名など必要な情報を記入していきます。

情報を全て記載した状態で画面を遷移させると、Channel IDとChannel Secretが表示されます。Lステップの初期設定画面を開き、提示されたChannel IDとChannel Secretを入力して手続きを進めましょう。後は、紐付けるLINE公式アカウントとLステップを選択するだけで設定できます。

応答設定をする

初期設定を終えたら、続けて応答設定をしておきましょう。LINEのオフィシャルアカウントメンバーサイトのメニューバーから「応答設定」を選びます。初期は応答モードをBotに、挨拶メッセージと応答メッセージをオフに、WebhookをONにすれば問題ありません。

LINEログインチャンネルを作成する

Lステップの設定画面で、「LINEログインチャンネルの開設方法」というボタンをクリックしましょう。続いて、この画面の下部にある「LINE Developersのページはこちら」を選択します。

遷移した画面の右上で名前を選択してログインしたら「新しいチャンネルを作成する」という画面をクリックします。

次にLINEログインを選択して、アイコンやチャンネル名を登録していきましょう。この状態でプライバシーポリシーやサービス利用規約を任意入力し、作成ボタンを1回クリックします。チャンネル名の右側の「非公開」は「公開」に変更しておきましょう。

最後に、遷移した基本設定画面にChannel IDとChannel Secretを入力し、登録ボタンを押します。開いた管理画面でアンケートに答えれば、Lステップの登録が全て完了し、管理画面を使用できるようになります。

成功事例を見てLステップに興味を持ったけれど、設定方法がわからないという方は、スピード感のある対応を心がけるインプレスにご相談ください。Lステップに関する知識がありますので、どのようなことでもお気軽にご相談いただけます。

【京都】LINE広告運用代行会社が教えるLステップの導入費用

Lステップの導入には、まとまった費用が必要です。Lステップには様々なプランがあるので、それぞれの会社にマッチする最適なものを見極めましょう。手軽にLINE広告運用を行いたいのでしたら、LINE広告運用会社に代行を依頼するのがおすすめです。こちらでは、運用会社に代行依頼をする場合の費用体系についてご説明いたします。

【京都のLINE広告運用代行会社】運用費用

電卓と豆電球

Lステップには、以下の3つのプランがあります。どのプランであっても、導入時には30日のお試し期間があります。また、いずれのプランでも、様々な事例を想定した60分のスポットコンサルを1回受けることができます。まずは、お試し期間で使用感をチェックしてから、最適なプランを選ぶとよいでしょう。

スタートプラン

スタートプランは、初めてLステップを導入する方や中小規模の企業に最適なプランです。登録時の初期費用は、LINE公式アカウントの取得費用のみとなっており、これとは別に月の契約料金が2,980円かかります。

なお、スタートプランでは月間のLステップ配信量は1,000通までに制限されています。スタートプランには最低限の機能が過不足なく取り揃えられています。一斉配信やシナリオ配信の他、キーワード応答や個別トークなどの機能もあり、便利に運用できます。

スタンダードプラン

スタンダードプランも初めて利用する方であれば、初期費用無料で利用できます。スタンダードプランの場合、月額料金は21,780円となっており、月間に15,000通までの配信が可能です。

スタンダードプランでは、スタートプランよりも細かい顧客管理ができます。リッチメニューやサイトスクリプト(誘導サイトに読者が何秒~何分滞在したのかを計測する機能)、URLクリック測定機能を活用したいのであれば、スタンダードプランを選びましょう。

プロプラン

Lステップは、プロプランであっても初期費用無料で利用できます。なお、月額料金は32,780円、配信上限は45,000通となっています。プロプランではスタンダードプランの機能に加え、クロス分析や流入経路分析といった各種分析機能が使えます。また、従業員の使用権限を設定するなどの活用事例もあります。

なお、45,000通以上のLステップを配信したい場合には大量送信プランを別途申し込むとよいでしょう。

Lステップの運用費用についてご不明な点がございましたら、インプレスにご相談ください。お客様のご予算・ご要望をお伺いしたうえで、どのプランがよいのかをアドバイスさせていただきます。

【京都のLINE広告運用代行会社】代行費用

芝生の上の段ボール

社内にエンジニアがいない場合には、LINE広告運用会社に代行を依頼した方がよいでしょう。また、LINE広告運用でより高い効果を出したい場合には、代行依頼がおすすめです。

代行会社を利用するにあたって気になるのは、やはり費用面です。どの程度の作業を業者に任せるのか、どのくらいの効果を出してほしいのかといった見通しによって、LINE広告運用の代行にかかる費用は変わります。

LINE広告運用を月額10~20万円前後で依頼できる事例もあります。シンプルに記事作成や投稿代行のみを依頼したい場合には、これくらいの予算で問題ありません。

また、記事作成や投稿、レポーティング、分析までLINE広告運用代行をトータルで任せたいのなら、50万円程度の費用がかかります。

Lステップ運用代行を依頼したい方はインプレスへ。Lステップ運用はもちろん、LINE広告運用代行も実施しています。ご要望や改善したい点を確認したうえで、適切なサポートを行います。代行費用など気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

【京都】LINE広告運用代行を依頼するならインプレスに相談!

Lステップを導入することで、LINE公式アカウントをより効率よく運用できるようになります。Lステップにはスタートプラン、スタンダードプラン、プロプランというプランがあります。どのプランでも、導入時には30日のお試し期間があり、さらに60分のスポットコンサルを受けられます。選んだプランの機能が足りない場合には、後からプランのアップグレードができますが、プロプランを選んでからスタンダードプランにダウングレードすることはできないため、ご注意ください。

Lステップの契約や代行会社の利用には一定の費用がかかります。まずは、Lステップの利用料や代行費用などを確認し、必要に応じて代行会社に依頼するなどの工夫をしましょう。Lステップの知識を持つ会社を選んで相談することで、Lステップ導入がスマートに進みやすくなります。

インプレスは、京都でLINE広告運用代行のご相談に対応しています。Lステップ運用代行会社をお探しでしたら、京都のインプレスにご相談ください。スピード感のある対応を心がけ、要望や改善したい点を確認したうえで適切な運用プランをご提案させていただきます。また、デザイン制作を行っており、親しみを持たせるようなデザイン、マンガ仕様のわくわくするデザインなどの制作を得意としています。LINE広告運用代行の料金など気になる点がございましたら、京都のインプレスにお問い合わせください。

大阪でLine広告運用の代行を依頼するならインプレスへ

会社名 株式会社インプレス
設立 平成23年9月1日
住所 〒615-0806 京都府京都市右京区西京極畔勝町17 2階 B-1号室
TEL 075-314-6001
FAX 075-314-6181
代表取締役 小森正敏
資本金 200万円
事業内容 LINE公式アカウント(Lステップ)の運用サポート、Webサイト制作、グラフィックデザイン、Web広告の運用サポート、映像制作
URL https://imp-kyoto.com/

CONTACT

ご質問・お見積もりのご要望などがありましたら
お気軽にお問い合わせください

Tel.075-314-6001

CONTACT

ご質問・お見積もりのご要望などがありましたら
お気軽にお問い合わせください

Tel.075-314-6001