【大阪】LINE広告運用のコツを解説!

集客率アップを目的に広告運用を行うのでしたら、LINE広告がおすすめです。専門会社にLINE広告運用の代行を依頼することで、集客効果の高い広告を出すことができます。こちらではLINE広告運用のコツや、LINE広告運用を代行会社に依頼するメリット・デメリットについてご紹介いたします。

【大阪】LINE広告の仕組みとLINE広告運用のコツを解説!

せっかくLINE広告運用をするのなら、ユーザーの画面に広告を多く表示させて費用対効果を高めていきたいものです。こちらでは、LINE広告の仕組みや掲載のメカニズムについて見ていきましょう。また、より効果の高いLINE広告運用の手法や事例についてもご説明いたします。

【大阪】LINE広告運用ならインプレスにお任せ!LINE広告の仕組みを紹介

携帯と吹き出しマーク

LINE広告とは、膨大なユーザー数を誇るコミュニケーションツール「LINE」に自社の広告を配信する機能のことをいいます。LINEは、日本国内だけでも月間8,000万人以上が利用するというアプリケーションです。また、毎日LINEの画面を見る人は、LINEのアプリを使う人全体の85%にも達するといいます。

膨大なアクティブユーザー数を誇るLINEは、多くのユーザーにとってもはや欠かすことのできないツールなのです。工夫をこらした広告をLINEに展開することは、テレビCMやチラシによる宣伝とは比較にならないほどの効果を及ぼす可能性があります。LINE広告運用代行会社に相談するなどの方法で、質の高いLINE広告を展開してみましょう。

LINE広告は、広告配信面とクリエイティブ、広告配信機能の3つで構成されています。配信方法にはタイムラインへの広告掲載の他、LINEマンガやLINE NEWS、スマートチャンネル、LINEブログなどへの広告配信もあります。

他に、LINEが展開するポイントやクーポン、チラシの画面に自社のクーポンやチラシを表示することも可能です。

ただし、LINE広告は「LINE NEWSの画面のみ」といったように、特定の配信画面に限定して掲載することはできません。広告掲載の申し込みの後には、LINE広告が適用される全てのサービスにおいて広告が表示される可能性があります。

LINEの配信面でどの広告が配信されるかは、オークションによってリアルタイムに決められていきます。あらかじめグループ分けされた広告に対して、広告表示の費用が計算され、その値の高い広告が表示されるようなシステムになっているのです。そのため、場合によっては特定の企業の広告のみが多く掲載される事例もあります。

LINE広告の課金形態には、友だち追加広告、クリック課金、インプレッション課金という3種類があります。友だち追加広告とは、LINEアプリ内で友だちを獲得するための広告を出せる機能のことで、友だちが追加されるたびに料金が発生します。

クリック課金とは広告をクリックされるたびに料金が発生することをいいます。インプレッション課金の場合には、クリックされていなくても一定の表示回数に達するたびに料金が発生します。他の広告媒体とは違い、動画再生課金やアプリダウンロード課金といった課金方法は設定されていません。

「LINE広告を使いたい」「運用はプロに任せたい」という方は、京都・大阪で運用代行をするインプレスにご相談ください。広告運用はもちろん、LINE公式アカウントの運用など、LINEに関することはどのようなことでも対応可能です。豊富な知識を活かして、最適なプランをご提案させていただきます。

【大阪】LINE広告運用のポイント

ポイントの文字と豆電球

LINE広告運用をより効率的に進めていくためには、LINE広告のメカニズムに合わせる必要があります。こちらでは、LINE広告運用で効果を上げるために知っておきたいポイントをご説明いたします。

複数サイズの広告を用意する

LINE広告運用では、複数の画像や動画を使って広告を展開するのが効果的です。

画像広告のサイズには、CardやSquareといった種類があり、サイズ設定は1200×628、1080×1080、600×400などになっています。また、動画広告にも16:9、1:1、9:16といったサイズがあります。これらのサイズの広告を用意しておくことで、多くの配信面に広告を流すことができたという事例があります。

ターゲットを広く設定する

ターゲットを絞って広告を出すのも、1つの手法です。しかしLINE広告運用の場合には、ターゲットを広く設定してオーディエンスリスト(外部データに基づいたユーザー情報をまとめたリスト)を取ることが、広告表示数の増加につながります。

LINE広告ネットワークを使用する

LINE広告ネットワークとは、LINEが展開するアドネットワーク(広告全体の管理・掲載を一手に引き受けるサーバーを中心とした、広告のコンピュータ・ネットワーク)です。LINE広告ネットワークを活用すれば、LINE独自のサービスに加え、サードパーティであるAbemaTVやデリッシュキッチン、各漫画サイトや情報サイトにも広告を配信することができます。

広告を出したくないサイトやアプリがあるときには、あらかじめ設定しておくことも可能です。

京都・大阪に対応するインプレスは、LINE広告運用に関する知識を持っています。お客様のご要望や状況を確認したうえで、適切なアドバイスをすることが可能です。広告運用についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【大阪】LINE広告運用代行会社に依頼するメリット・デメリットとは?

LINE広告運用をするときには、専門の代行会社にサポートしてもらうのがおすすめです。確かなスキルやノウハウを持つ専門の会社に任せれば、負担なくLINE広告運用を続けていくことができます。こちらでは、LINE広告運用代行会社に依頼するメリット・デメリットを具体的に見ていきましょう。

【大阪】LINE広告運用代行会社のメリット

芝生の上にメリットの文字

代行会社の手を借りてLINE広告運用をすることで、以下のメリットが得られます。

費用対効果が高い

LINE広告運用には、確かな効果が見込めるというよさがあります。

表示数が少なかったり、ターゲティングがうまくいかなかったりしたときには、せっかく媒体に広告を出しても思ったような効果が見込めません。効果を出すために多くの媒体に手を出すと、コストや手間がかかり、費用対効果がどんどん下がってしまうことも考えられます。

LINE広告であれば、プロの代行会社の手を借りるという方法でコストをかけて運用しても十分な効果が見込めるのです。

業務上の負担が少ない

LINE広告の成功を左右するものは、クリエイティブのテストパターン数といっても過言ではありません。商材によって、適切な広告フォーマットは異なります。成果を出すためには、毎日広告効果を検証して反応率の高いクリエイティブを探す必要があるのです。

自社でLINE広告運用をする場合、どのフォーマットでどれだけ配信することでどのような成果を得られるのかというテストを繰り返す必要があります。そのため、広告の効果が出るまでに多くの時間とコストがかかります。

広告代理店は、LINE広告の運用経験やノウハウがあるため、少ない時間とコストで最適な広告を配信でき、効率よく成果が得られます。

代行会社はターゲティングや戦略を検証し、最適な方法でLINE広告運用を続けてくれます。専門業者にはLINE広告運用やLステップに関する豊富な知識があるため、安心して相談できるのです。専門の業者に任せることで社内の業務負担を軽減すれば、従業員が負担なく本業に従事できます。

最新技術を導入できる

LINE広告は、新しい機能の追加など活発にアップデートされているという特徴があります。頻繁にアップデートされる最新のシステムに順応していくのは、なかなか難しいものです。専門の代行業者にLINE広告運用を任せれば、手間をかけずに効果的な広告を打ち出すことができます。また、より戦略性の高い広告運用をローリスクで担ってもらえるのも、LINE広告運用代行会社に依頼するメリットといえるでしょう。

情報を一元管理できる

複数の商品をアピールするために様々な媒体で広告を出すときに悩ましいのが、運用方法や配信スケジュールを一元化できないという点です。特に、担当者が複数人いる場合には、スケジュールや情報の管理がうまくいかなくなってしまうこともあります。

LINE広告運用を専門の代行会社に依頼すれば、スケジュールや情報を一元管理してもらえるので安心です。

「成功事例を見て興味を持った」「LINE広告運用をする時間がない」「どう運用するのか、わからない」「料金を最小限に抑えてLINE広告運用代行を依頼したい」という方は、スピード感のある対応を心がけるインプレスへ。LINE広告運用はもちろん、Lステップの運用代行も実施しています。ご要望や改善したい点を確認したうえで、適切なサポートを行います。代行費用など気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

【大阪】LINE広告運用代行会社のデメリット

デメリットと書かれた皿

LINE広告運用を代行会社に依頼することには多くのメリットがある一方、以下のようなデメリットも考えられます。LINE広告運用を依頼するときには業者と十分に相談を重ね、リスクを軽減するための工夫を講じましょう。

LINE広告運用には一定の費用がかかる

LINE広告運用のデメリットとしてまず挙げられるのは、やはりコスト面です。LINE公式アカウントやLステップの運用には、一定の費用がかかります。これに加え、LINE広告運用を代行会社に依頼するときには、代行費用もかかります。もちろん費用をかけた分、大きな宣伝効果が得られやすいというよさはあります。クオリティの高いLINE広告を出すためにはどのくらいのコストがかかるのか、冷静に見極めておく必要があるでしょう。

社内にノウハウが蓄積されず人材が育たない

LINE広告運用を代行会社に依頼すると、自社にノウハウが蓄積されなくなります。今後、同じような広告運用をするときに担当できる人材がおらず、頓挫してしまう事例もあります。LINE広告運用をするときには、プロの広告運用の手法を社内にフィードバックするなどの工夫が必要です。

思ったような効果が出ないことがある

LINE広告運用をしたからといって、必ずしも思ったような効果が見込めるとは限りません。LINE広告運用代行会社が、ありがちなフレームワークに沿って運用をしていく事例もあります。無難な運用を続けていると、せっかくの広告が注目を集めず、埋もれてしまう可能性もあります。LINE広告運用で確かな成果を上げていきたいのなら、注目の集まりやすい斬新な手法で広告を展開してくれるような代行会社を選ぶようにしましょう。

LINE広告は、SNS広告内でも比較的新しいサービスです。そのため、日々新機能や規定が変化しています。インプレスは、この変化のスピードやLINEが持つ独自の特徴に対応するため、きめ細かい広告運用のサポートを行っています。LINE広告運用代行会社をお探しなら、インプレスへお任せください。

【大阪】LINE広告運用の代行・相談はインプレスへ!

LINE広告運用やLステップ導入には、一定の費用がかかります。しかし、適切な方法で広告運用をすることで確かな効果が見込めます。質の高い広告を出して確かな効果を上げていきたいのなら、LINE広告運用やLステップ運用を専門業者に相談しましょう。

インプレスは、大阪周辺でLINE広告運用代行やLステップ導入のトータルサポートを実施しています。お客様のご要望やご予算をもとに、最適な運用プランをご提案させていただきます。デザイン制作を得意としており、親しみがあるデザイン、ストレスなく見てもらえるデザインの制作も可能です。大阪でLINE広告運用やLステップ運用をお考えの方は、スピード感のある対応を心がけるインプレスにご相談ください。

大阪でLine広告運用の代行を依頼するならインプレスへ

会社名 株式会社インプレス
設立 平成23年9月1日
住所 〒615-0806 京都府京都市右京区西京極畔勝町17 2階 B-1号室
TEL 075-314-6001
FAX 075-314-6181
代表取締役 小森正敏
資本金 200万円
事業内容 LINE公式アカウント(Lステップ)の運用サポート、Webサイト制作、グラフィックデザイン、Web広告の運用サポート、映像制作
URL https://imp-kyoto.com/

CONTACT

ご質問・お見積もりのご要望などがありましたら
お気軽にお問い合わせください

Tel.075-314-6001

CONTACT

ご質問・お見積もりのご要望などがありましたら
お気軽にお問い合わせください

Tel.075-314-6001