【京都】Lステップ運用の基礎知識

効率的なマーケティング手法をお探しでしたら、Lステップの導入を検討してみてはいかがでしょうか?Lステップには、メルマガなど従来のマーケティング手法とは異なる数多くの魅力があります。

京都でLステップ運用代行をするインプレスが、Lステップの特徴や導入事例、メルマガとの違いを解説していきます。Lステップ運用をご検討中の方は、インプレスにご相談ください。お客様のご要望をお伺いしたうえで、適切な運用プランをご提案させていただきます。

【京都】Lステップ運用代行業者がLステップの基礎知識を解説!

LINEを使ったマーケティングを展開するのでしたら、機能をさらに拡大できるLステップを導入することをおすすめします。Lステップは、従来のLINE公式アカウントと紐付けることで便利に活用できます。こちらでは、LINEを使ったマーケティングを検討している方に向けて、Lステップの特徴や導入事例を解説していきます。

【京都でLステップ運用】Lステップとは

クエスチョンマーク

LINE公式アカウントを作成して顧客に登録してもらうことで、顧客に情報を送付したり、コミュニケーションを取ったりすることができます。

従来のLINE公式アカウントだけでは、顧客管理が十分にできないという事例があります。また、ステップ配信や行動のスコアリングは、LINE公式アカウントの機能にはないため、顧客への効率的なアピールがなかなかうまくいかないという懸念点がありました。

Lステップは、LINE公式アカウントの機能を拡張するためのツールのことを指します。Lステップは便利な機能が数多く実装されており、導入することで従来のLINEアカウントが抱えていた問題点を解消できたという事例があります。

例えば、Lステップを導入することで、事前に作成したシナリオ通りに最適なタイミングでメッセージを送付できます。事前に設定しておくことで、アプローチを自動化できるため、手動で顧客に情報を送付するという手間がかかりません。

また、特定の条件に当てはまる顧客をピックアップしてメッセージを送るセグメント配信や、誕生日やイベントに合わせてメッセージを送るリマインド配信を設定することもできます。

流入経路分析では、どのような経緯で公式アカウントを登録したのか、クリック計測ではURLのクリック数や訪問率をチェックできます。

さらに、登録した顧客情報はデータベースとして蓄積されます。グループごとに行動のスコアリングなどをしておくことで、より効率的なアピールが可能となります。このように、適切に顧客管理ができる点が、Lステップ運用の大きな特徴です。

「Lステップを導入したLINE公式アカウントを開設したい」「LINE公式アカウントを効率よく活用して、集客や利益につなげたい」という方は、インプレスにご相談ください。グラフィックデザイン、Webデザイン制作も手がけていますので、親しみのある漫画やストレスなく見てもらえるデザインなどの制作が得意です。知識を活かして、LINE公式アカウント及びLステップのトータルサポートを行っています。

【京都でLステップ運用】導入事例

成功事例

次に、実際にLステップを導入し、成功した企業様の事例を見ていきましょう。※下記でご紹介する内容は、インプレスが実施してきた事例ではありません。

やまもとりゅうけん

やまもとりゅうけんさんのLステップには、目玉の「フリーランスビジネス診断」が存在し、最初から読者を楽しませる仕掛けが散りばめられています。フリーランスビジネス診断は、簡単な質問に答えていくだけで適性のある副業がわかる診断ゲームです。これに興味を持った方が、どんどんと登録してくれるようになりました。

出生届製作所

出生届製作所のLステップでは、言葉の通り出生届にまつわる訴求を実施しています。出生届を記念に残せるようにする案内や、デザイン出生届の紹介などに始まり、出生届のプレゼントの提案まで取り揃えているのが特徴です。

WEBEAUTY大阪店

WEBEAUTY大阪店のLステップは、実店舗と連携しているのが特徴です。施術の紹介はもちろん、予約、アクセスなどを全てLINEアカウント上で完結させているので、スムーズな集客を実現しています。

インプレスは、京都・大阪でLステップ運用のトータルサポートを実施しています。お客様のご要望やご予算をもとに、最適な運用プランをご提案させていただきます。Lステップ導入をお考えの方は、スピード感のある対応を心がける京都のインプレスにご相談ください。デザイン制作も手がけていますので、マンガ仕様のわくわくするデザインや親しみのあるデザインの制作も可能です。

【京都】Lステップ運用代行業者がLステップの魅力を解説!

メジャーなマーケティング手法の1つとして、メルマガ(メールマガジン)が挙げられます。しかし近年では、メルマガのマーケティング効果が下がりつつあるといわれています。

こちらでは、メルマガに代わってLINEを使ったマーケティングが主流となりつつある理由をご説明いたします。併せて、ステップ配信運用のテクニックを解説していきます。

【京都でLステップ運用】メルマガとの違い

コメントマーク

従来のマーケティングに使われてきたメルマガと、近年注目を集めるLINEをベースとしたマーケティングでは、機能性や費用面などの違いがあります。こちらでは、メルマガとLステップ運用の違いを見ていきましょう。

アクセス端末の違い

メルマガはメールアドレスに対して配信されるため、顧客はパソコンやスマホから専用のメールボックスを開く必要がありました。これに対して、LINEであればスマホから気軽に情報にアクセスできます。

最近は、多くの人がパソコンではなく、より手軽に使えるスマホを使ってウェブサイトやSNSにアクセスします。有用な情報はスマホで見られるようにした方が効果的です。

Lステップ運用を選択すれば、顧客はより手軽なスマホから情報にアクセスできるようになるため、情報の発信効率が高まります。

開封率の違い

これまで、マーケティングの手法として多くの企業に愛用されてきたのがメルマガです。メルマガには、リストアップした顧客に対してダイレクトにアピールができるという魅力があります。

しかし近年では、「メール離れ」が進んでおり、メルマガのマーケティング効果が薄れつつあります。また、メルマガ用の捨てメールアドレスを用意している顧客も少なくありません。

現在のメルマガや一斉配信メールの開封率は、3~10%程度といわれています。つまり、せっかくメルマガを送付しても、ほとんどの顧客がメールを開かずに放置しているのが現実なのです。しかし、手軽に開封できるLステップであれば、60%以上の開封率をキープすることも可能です。

画像や動画の表示機能に関する違い

従来のメルマガでは、テキストメールのみを送付するのが一般的でした。メールに画像や動画を添付するとデータが重くなり、顧客に敬遠されるという事例があります。

一方、LINEは画像や動画を即座に表示することができます。画像や動画をうまく使ってクリエイティブなコンテンツを構築すれば、視覚的に訴えかけることができて、顧客満足度がアップしやすくなります。

コミュニケーション手法の違い

メルマガは企業が送ったメールを顧客が読むという、いわば一方通行のコミュニケーションです。LINEの場合はアンケートや診断など、顧客が能動的にアクセスできる情報を盛り込むことも可能です。Lステップを導入する場合、顧客とのコミュニケーションツールとして活用するのがおすすめです。

Lステップには、マーケティングに役立つ機能が備わっています。その中の1つが、「リッチメニュー」です。以下で、リッチメニューの特徴を簡単に解説していきます。

リッチメニューとは?

リッチメニューとは、LINEのトーク画面下に表示される固定メニューのことです。リッチメニューを使えばユーザーの印象に残りやすく、様々な項目を設定しておくことで比較的クリックしてもらいやすくなるでしょう。

LINE公式アカウントは、友だち全員に同じリッチメニューしか表示できません。Lステップのリッチメニューは、友だちの属性に応じて表示を変更することができます。

Lステップを導入することで、LINE公式アカウントを運用するスタッフの人件費など、費用の削減が可能です。費用を抑えつつ効果的なマーケティングを行いたい方は、デザインが得意なインプレスにご相談ください。お客様のご要望・ご予算などをもとに、適切な運用プランをご提案させていただきます。

【京都でLステップ運用】テクニック

植物とパソコン

ステップ配信とは、LINE公式アカウントをフォローしてもらったタイミングを起点として、一定の間隔で情報を配信する機能のことをいいます。多くの場合は登録直後にLINEの返信を行い、その後2通目、3通目と情報を届けていく形になります。

従来の一斉配信型では、途中で登録した顧客は初期の情報を受け取れないことがありました。しかしステップ配信のシステムを導入することで、全ての顧客が1通目からの情報を受け取れます。また、定期的にLINEを送信してコミュニケーションを続けていくことで、顧客への効率的なアピールが叶います。

ステップ配信には、顧客の関心度に応じて情報を分岐させられるというよさもあります。例えば、ステップ配信に商材に興味があるか否かを尋ねるアンケートを盛り込みます。このアンケートで興味があると答えた人により詳しい配信をすれば、マーケティングの効率が高まります。

ステップ配信は顧客情報と紐付いており、顧客が興味を持つ分野や開封率などを逐一チェックできます。ステップ配信を活用したマーケティングで確かな成果を出していきたいのなら、システムに蓄積された顧客情報を確認しながら、より精度の高い配信をすることが肝心です。

Lステップのステップ配信機能を活用してみたいという方は、スピード感のある対応を心がけるインプレスにご相談ください。知識やスキルを活かして、効果的なLステップ運用のプランをご提案することが可能です。

【京都】Lステップ運用代行の費用が気になる方は業者に相談!

Lステップには、企業のLINEアカウントをより効率的に活用できる豊富な機能が搭載されています。

Lステップの導入をお考えでしたら、知識が豊富な代行業者に依頼しましょう。費用面や代行内容を比較したうえで、最適な代行業者に相談することをおすすめします。

インプレスは、京都エリアでLステップ運用のサポートを行っています。リーズナブルな費用で依頼できるLステップ運用代行業者をお探しの方は、インプレスへお気軽にご相談ください。

大阪でLine広告運用の代行を依頼するならインプレスへ

会社名 株式会社インプレス
設立 平成23年9月1日
住所 〒615-0806 京都府京都市右京区西京極畔勝町17 2階 B-1号室
TEL 075-314-6001
FAX 075-314-6181
代表取締役 小森正敏
資本金 200万円
事業内容 LINE公式アカウント(Lステップ)の運用サポート、Webサイト制作、グラフィックデザイン、Web広告の運用サポート、映像制作
URL https://imp-kyoto.com/

CONTACT

ご質問・お見積もりのご要望などがありましたら
お気軽にお問い合わせください

Tel.075-314-6001

CONTACT

ご質問・お見積もりのご要望などがありましたら
お気軽にお問い合わせください

Tel.075-314-6001